お歳暮を贈るにあたってのマナーに留意すべきです

お歳暮は日本の伝統的な慣習としてすっかり定着しています。

お歳暮の情報を探すならこちらです。

もちろん、守るべきマナーというものがあります。たとえば、のし紙には、紅白の蝶結びにのしが付いたデザインを使います。上書きの仕方は、水引の真ん中の結び目の上に「御歳暮」の文字を書き、名前は、水引の下に贈る側の名前をフルネームで書きます。

贈る時期は、そもそもは、正月を控えての事始めの日、つまり12月13日から贈るのが通例でしたが、昨今では、12月初旬から手配を始めています。


そして、遅くとも20日頃までに先方に届くように贈るのが流れとなっています。

もし、何らかの事情で手配が遅れて年内に相手に配達されないと判断した場合は、時期を待って、正月の松の内まで届くよう、「御年賀」の形で贈るのが望ましいです。
本来であれば、事前に連絡を差し上げたうえで、相手のおうちに持参するのがあるべき姿ですが、近年では、取扱会社から配送したり、宅配便を使用するのが普通になってきています。ごく親しい人に送り届ける場合は電話でその旨を伝えても差し支えないでしょうが、地位の高い人に贈る場合は、品に挨拶状を添付するか、あるいは、届くタイミングを見計らって郵便で挨拶状を送付するのが礼にかなっています。



お歳暮にどんな品を贈るかというのは、思いのほか悩ましいものです。


お歳暮というのは、相手に喜んでもらってこそ意味が出てきます。

いかほどに高級なものであっても、お酒を飲めない人にアルコール類を贈っても、感謝の思いは伝わりません。



相手の嗜好や家族構成、季節などの要因をしっかりと考えたうえで、品を決めるのが確実です。