お歳暮のマナーに気をつけよう

お歳暮とは、新年を迎えるにあたり先祖や神様にお供え物として年の暮れに届けていましたが、時代の変化とともに日頃感謝の気持ちを込めたり、これからもよろしくお願いしますという意味を込めてお世話になっている人に贈答品として届ける意味合いに変わりました。
お歳暮を贈る時期はいつ頃がいいのかというと、地域によっても多少異なりますが、お正月の始める12月上旬から、忙しい時期に届くと迷惑がかかることから12月20までになります。

お歳暮の情報を提供中です。

お歳暮は日頃の感謝を込めて贈る物ではありますが、一度送ったから終わりというわけにはいきません。
一般的な送り先としては両親、義両親、親戚、友人、会社関係の人に贈り、慣例化するものです。
たまたまお礼も込めてその年のみ贈りたい場合は「お礼」という形で渡しましょう。


必ず誰に贈らないといけないという、決まりはありませんので送り先はよく考えてからの方が良いです。
掛ける金額も感謝の気持ちなのであまり高いものを送ると相手も気を使いますし、来年も同等のものを送らないといけないので、無理のない金額設定をすることが大切です。贈る品は、新しいもので新年を迎えて頂きたい気持ちを込めて日常に使う洗剤、タオルなどが喜ばれます。

贈る際は相手のことを考えて喜んでもらえるものを選ぶと良いです。



最近では百貨店やスーパーに行かなくても、24時間好きな時に選ぶことも出来るのでインターネットショッピングを利用したお歳暮も人気です。