映像制作の費用を確認して依頼する

コマーシャルなどで使う映像には、多くの人々が制作に関わっていますので、映像を販促活動に使う際にはその費用を考慮して制作会社に依頼する事が大切です。映像制作会社に依頼するには、商品やサービスをどのように消費者にアピールしたいのかを企業側である程度考えておく事が必要になってきます。

映像制作では、映像に俳優やエキストラを使う場合、CGで構成する場合がありますので、それによって映像の雰囲気が大きく変わってきます。

企画を制作会社のプランナーに依頼するには、企画運用費も掛かってきますが、この部分は依頼する企業側でアイデアがあるのであれば、費用が掛かってこなくなりますので、コストを下げたい場合には、企業側でアイデアを練っておくと良いでしょう。



企画運用費は、動画の再生時間などで変わってきますので、映像制作に掛かる費用の見積もりを貰う際には、その事をチェックしておくと良いです。
一般的には15秒程度の物で3万円、30秒程度の物で5万円となっています。

映像制作では色々な工程を経て映像が仕上げられていく事になりますので、企画運用費は出来るだけ削るようにした方が良いのです。

初めてでもわかりやすい、マイナビニュース情報の差に驚きました。

企業で映像を活用する際には、テレビコマーシャルやネット広告などで使う事が多いですので、同じソースで複数のメディア展開が出来るようにしておいた方が宣伝効果を引き上げる事が出来るでしょう。



その為、依頼する映像制作会社は、テレビにもWebにも強い会社を選択するのが良いです。

MENU