家の外壁塗装は、天候を見ながら行うようにしましょう。冬に雪が降りやすい地方の方は、冬になる前に外壁塗装を行っておく必要があります。雪が降り続いている時に工事を行ってしまうと、塗料が乾ききる前に雪が降ってしまう為、外壁に雪の跡が残ってしまいます。降雪が予想される寒冷地では、夏から秋のうちに工事を完了させてしまうとよいでしょう。

地域によっては、雪が全く降らないところもありますが、梅雨の時期に大雨が降ったり台風が来やすい地域もあります。この地域では、梅雨や台風以外の時期に外壁塗装を行うと、工事を無事に終えることができるのです。大量に雨が降る時期を避けて工事を行うようにすれば、塗った塗料も無事に乾くことができ、綺麗な見た目に改善することができます。地域によって、気候も全く変わってくるので、地域の気候を考えたうえで最適な時期に工事を行うようにしましょう。

長年その土地で暮らしている方は、地域ごとの気候についてわかっていますが、年によっても気候は微妙に異なってきます。そのため、工事を行うときには天気予報に目を光らせておくようにしましょう。また、引越によって新天地にきた方も、外壁塗装を行う前に業者に天気について聞いておくとよいです。慣れない土地でも、業者から情報を仕入れておくことで、一番適している時期に工事を行うことができるようになります。

工事前には、天気についても詳しく調べておくと、無事に工事を完了できるでしょう。